認知症(痴呆症)とは

認知症とは、脳機能の低下により、記憶、判断力、性格、運動能力、などに、様々な障害がおこり、普通の社会生活が困難になっていく症状を、まるっとまとめて認知症(痴呆症)としています。

日本の認知症(痴呆症)の患者数は、高齢化により増加傾向にあります。65歳~70歳の有病率は1~2%と言われていますが、認知症の最大の原因であり、さけては通れない加齢ともに、有病率は増えています。

認知症(痴呆症)の介護は非常に負担が大きいものです。日々変わっていく親の姿を見ながら、ストレスを抱えて介護しなければなりません。仕事を変えなければならなかったり、施設に入れるためにもお金がかかります。

また、最近では若年性アルツハイマーも問題になってきました。40代から65歳までに発症するアルツハイマー病です。通常は、65歳以上の方が発症していくものですが、働き盛りの40代で発症となると、家族への介護の負担も相当のものです。

認知症(痴呆症)やアルツハイマーは、早期発見と正しいケアによる改善が重要です。 そして何よりも、自分の家族に負担をかけないように、自分が認知症にならないように予防していく事が大切です。

三大認知症、アルツハイマー、脳血管性認知症、レビー小体型認知症

認知症(痴呆症)には大きく分けて3つの種類があります。

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症

アルツハイマー型認知症

認知症(痴呆症)のうち、一番多いとされているのが、アルツハイマー型認知症です。認知症の患者のうち2分の1を占めています。親からの遺伝なども原因とされています。介護の際、暴言や暴力などを受ける場合もあり、介護者の心のケアも必要となってくる認知症です。

詳しくは アルツハイマーとは で解説します。

脳血管性認知症

脳血管性認知症は認知症の3分の1占めています。脳梗塞や、くも膜下出血で脳の出血などが原因で引き起こされます。脳へのダメージが原因で、症状はダメージを受けた個所に影響を受けます。記憶力は保たれているのに、判断力は保たれている、という事があります。

詳しくは 血管性認知症とは で解説します。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、幻覚、妄想などの症状があらわれる認知症です。また他の認知症に比べて、10倍のスピードで寝たきりになってしまうなど、運動能力の低下も特徴のひとつです。初期症状ではアルツハイマーとの区別が付きにくく、治療の際間違った対応をすると、悪化してしまうので注意が必要です。

詳しくは レビー小体型認知症とは で解説します。

認知症の改善

認知症の改善は認知症患者や家族にとって、とても重要です。はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、介護者が精神的に参ってしまいます。

本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

また、自分が認知症かもと思った方は、重症化する前に早期に対策を打つことがとても大事です。日ごろの生活習慣や、運動習慣などを見直して、少しでも進行を遅らせる努力をしなければ、自分が愛する家族を傷つけることになります。

そこで、重要なのが、認知症を改善することと、認知症の進行を遅らせる事、そして予防です。 認知症の悩み解決

認知症だからと言ってあきらめない!
「認知症改善プログラム」

この認知症改善プログラムは、認知症研究の第一人者笹本正雄氏が作成した認知症の改善予防マニュアルです。認知症の原因からステップアップでの認知症の改善はもちろん、予防する事も目指します。

価格は、29800円ですが、期間限定で14800円となっています。特別な内容とはいえそれでも高いと思う人もいるでしょう。しかし、認知症が少しでも改善すれば、家族や本人が得られる利益はたった14800円レベルの金額には代えられないはずです。当然、認知症の予防や進行を遅らせることもでき、転ばぬ先の杖としても最高の認知症マニュアルです。

実践者の声として「家族へ負担を減らすことができた」「物忘れが減った」「自分への自信を取り戻すことができた」などなどあります。

あなただけでなく、家族全員の幸せの為にも、まずは、認知症改善の第一歩と思って説明ページを最後まで読んでみてください。そして、納得できたら、是非実践してみてください。

また、いくら認知症のプロが書いた特別ノウハウといえど、1万円以上はさすがに高いという人もいると思います。なので、何でも安くそろう安心のアマゾンで扱っている、おすすめの認知症の書籍を紹介しておきます。

このページの先頭へ