レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症とは、脳の大脳皮質に異常なたんぱく質である。レビー小体が現れる病気です。びまん性レビー小体病とも言われていました。認知症の中では20%ぐらいの方がこのレビー小体型認知症です。

レビー小体型認知症は、異常なたんぱく質のレビー小体が、脳幹にできる、パーキンソン病と関連している事がわかってきました。パーキンソン病では、運動能力の低下の症状があらわれ、手足のしびれ、小股歩行、無表情などの症状があります。

レビー小体型認知症の特徴として、幻覚や妄想などの症状があげられます。また、運動能力の低下が早く、アルツハイマー型認知症脳血管型認知症と比べると、10倍も寝たきりになるスピードが早いです。

レビー小体型認知症は、初期症状では判断が難しく、かつ、治療の際、誤った判断をすると、逆効果の恐れがあります。初期症状だけでみると、アルツハイマーや、うつ病と判断される可能性もあります。介護の際や治療の際には、適切な病院での診断と、かならず専門医の指示に従いましょう。

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の症状は、通常の認知症の症状などに加えて、妄想や幻覚などが挙げられます。幻覚や妄想は、曖昧なものではなく、レビー小体型認知症の患者本人には、部屋の隅に子供がいるなど、はっきりと見えるようです。これら幻覚や妄想などによって、異常行動が見られるので注意が必要です。

また、運動能力の低下が他の認知症よりも速いスピードで進行します。この症状は、レビー小体が原因とされるパーキンソン病が原因です。パーキンソン病では、手足のしびれや、小股歩行、無表情などの症状が現れます。

初期症状では、うつ、幻覚、妄想、などの症状が見られます。酷くなってくると、パーキンソン病のような、運動能力の低下が目立つようになり、末期になると、寝たきりになってしまいます。前にも述べましたが、寝たきりになるスピードが非常に速いため、病院や、診療所などの準備を考えておきましょう。

レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症の原因は、異常なタンパク質であるレビー小体が大脳皮質にできることで発症します。順番としては、パーキンソン患者の脳幹に現れていたレビー小体が、大脳皮質まで広がると、レビー小体型認知症を発症すると言われています。

ですが、レビー小体が、脳幹、大脳皮質、に現れる原因は、今現在では解明できていません。しっかりとした予防法、治療法なども確立できていないのが現状です。しかし、世界中の研究者たちが、レビー小体型認知症の原因について研究をしています。近い将来に、治療法や、予防法が確立されることを期待しています。

アルツハイマー型認知症とは  脳血管性認知症とは

認知症で悩んでいるあなたへ!

はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、介護者が精神的に参ってしまいます。

認知症患者本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

でも、認知症は現代の医学では…とあきらめていませんか?

認知症の改善をあきらめないでください。まだ手はあります。 その方法を知っておいて損はないです。

その認知症を改善したり進行を遅らせることができる方法とは?

書籍で学ぶ認知症

認知症の本ってけっこうあります。何でも安くそろう安心のアマゾンで扱っている、おすすめの認知症の書籍を紹介しておきます。

このページの先頭へ