ボケ、物忘れが酷くても認知症の診断を受けていなかった

相談者

使っているコンピュータの具合や設定がおかしくなると、 誰かがハッキングしてきて書き換えたと言い、サービスセンターに電話を掛け捲ります。

でもどうみても自分でキー操作を次々に間違えていったとしか思えず、結局私が直し、そのときは助かったと言います。 でも、毎日がこれの繰り返しです。 そして極めつけは、私が直したことを全部忘れていると言う事です。 一例としてはこんな感じですが、こんなことで毎日時間が過ぎていってむなしさを感じます。


回答1

ケアマネージャーに相談されましたか? なかなか相談する人もいないのが現状です。 誰かに相談すると気も楽になります。


相談者

かなりボケ物忘れがひどいのですが、恥ずかしながら、歳が高齢だから仕方がないと思っていて、認知症の診断を受けさせていませんでした。 なのでケアマネもいません。

もっと認知症についてきちんと学び、早く診断を受けさせようと思います。 その過程で、私自身の事も誰かに相談する事になると思います。 お返事ありがとう。

次の相談事例・体験談  その他の認知症等の介護相談事例・体験談

認知症で悩んでいるあなたへ!

はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、介護者が精神的に参ってしまいます。

認知症患者本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

でも、認知症は現代の医学では治らない…とあきらめていませんか?

認知症の改善をあきらめないでください。まだ手はあります。 その方法を知っておいて損はないです。

その認知症を改善したり進行を遅らせることができる方法とは?

書籍で学ぶ認知症

認知症の本ってけっこうあります。何でも安くそろう安心のアマゾンで扱っている、おすすめの認知症の書籍を紹介しておきます。

このページの先頭へ