84歳の祖母のお金への執着心が酷い

相談者

84歳の祖母のお金への執着心が酷い。 前は週に一度「通帳ない」と騒ぐくらいだったのに今は毎日・数時間おきに大騒ぎ、被害妄想も日に日に強くなってきています。 一度ものわすれ外来に連れて行こうかと思うのですが、余計に進行してしまわないか不安です 。 昔からプライドが高い人だったので・・・。

それと通帳の管理も何かうまい方法はないでしょうか? 本人に持たせると自室のどこかに隠して、隠したことを忘れて「無い!」と騒ぎ毎度違う場所から出てきます。

金庫に入れても「中身を確認したいから」と鍵を開けるように言われます。 銀行への紛失届けや通帳探しの毎日が地味に苦痛です。 若いころから財布の中がパンパンになるまでお札を入れて歩く人だったので、お金がない不安からこういった行動をとるのでしょうか・・・。


回答1

認知症の典型的な症状のようですが、ケアマネージャーもまだ付いていないのですか? まず病院へ行くべきだと思いますが、取り合えず介護の本でも買ってみてはどうでしょう。
完全図解 新しい介護 (学術図書メディカル)
どうしてそのような行動を取るのか、それに対しての対処の仕方が書かれていますよ。


回答2

よく本に載っている典型的な認知症のパターン。 そのうち、あなたが盗ったと言うよ。

次の相談事例・体験談  その他の認知症等の介護相談事例・体験談

認知症で悩んでいるあなたへ!

はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、介護者が精神的に参ってしまいます。

認知症患者本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

でも、認知症は現代の医学では治らない…とあきらめていませんか?

認知症の改善をあきらめないでください。まだ手はあります。 その方法を知っておいて損はないです。

その認知症を改善したり進行を遅らせることができる方法とは?

書籍で学ぶ認知症

認知症の本ってけっこうあります。何でも安くそろう安心のアマゾンで扱っている、おすすめの認知症の書籍を紹介しておきます。

このページの先頭へ