認知症は改善できる!!

認知症とは、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいいます。

日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられました。分かりやすく言うと、ボケやアルツハイマーなんかも認知症の一種ですね。

この認知症ですが、ますます患者数が増えてきています。それどころか、高齢者の病気という感じだったのに、若年性認知症も増えてきています。つまりは、比較的若い40代とか50代の認知症患者も増えてきている現状があります。認知症悩み

もはや、認知症は他人ごとではありません。

認知症は、進行すると本人は分からないので、それほど辛くはありませんが、初期のうちは、正常な時間の方が長いので、周りに迷惑をかけている実感があり、大変つらいものです。そういう人は、なんとかして認知症の症状を改善したり、遅らせたりしたいはずです。

でも、医師もそんなに役に立たないのが認知症です。
そこで、低価格の認知症改善プログラムを紹介します。まずは、これを実践してください。

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

そして、認知症の恐ろしさは、周りに大きな負担と迷惑をかけることです。
そして、それが家庭問題になり、離婚の引き金という事にもなりかねません。

夫婦ゲンカ実際に、私の友人の父親も軽い認知症になりました。しかし、時期が悪い。友人の新婚直後です。そして、奥さんに思いやりがなかったのは確かですが、その父親の認知症が引き金になり、新婚直後から離婚問題に発展しました。

結局は、軽い認知症にもかかわらず、施設に入れられ、離婚の危機はひとまず回避しましたが、今でも夫婦仲は大変悪いです。

また、認知症の介護をするのが負担になりすぎて、うつ病になるような人だっています。
とにかく、認知症は周りを間違いなく巻き込みます。

でも、治らないと言われている認知症にも改善プログラムは存在しています。
確かに、認知症の完治は難しいかもしれません。しかし、認知症の症状が改善されたら、その人のために割かなければいけない時間も減り、余計なストレスも減ります。

また、大切な人が認知症だと、自分の事だって分かってくれないこともあります。ある意味、大切な人が認知症になるのは、その人が大病を患うよりも辛いですよ。でも、認知症が改善すれば、今までと違いコミュニケーショーンもたくさん取れるようになるでしょう。

さらに、認知症の初期症状が現れた時や、症状が軽い時こそ、認知症の悪化・進行を予防するために、認知症改善プログラムは有効です。

これからは、若年性認知症患者もどんどん増えてきます。若年性のうちは、症状が比較的軽いのが特徴の一つなので、早くから手を打ち、家族に迷惑をかけないようにしましょう。認知症 回復

なにはともあれ、認知症は治らないと決めつけず、認知症の改善プログラムを実践させてみる、または、症状が軽いのなら、自ら実践してみましょう。

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

詳しくは、認知症改善プログラムのページに詳しい説明や、実践した人の感想など載っていますので、そちらをご覧ください。

とにかく、どんなことでも試してみる、それくらいの姿勢で認知症には対応してください。認知症が改善すれば、みんな笑顔になります。

認知症で悩んでいるあなたへ!

はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、介護者が精神的に参ってしまいます。

認知症患者本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

でも、認知症は現代の医学では治らない…とあきらめていませんか?

認知症の改善をあきらめないでください。まだ手はあります。 その方法を知っておいて損はないです。

その認知症を改善したり進行を遅らせることができる方法とは?

書籍で学ぶ認知症

認知症の本ってけっこうあります。何でも安くそろう安心のアマゾンで扱っている、おすすめの認知症の書籍を紹介しておきます。

このページの先頭へ